2018.5.3 08:00(1/2ページ)

【小早川毅彦の打診球診】4球で岸を本気にさせた日本ハム・清宮…十分に5番打てる力ある

【小早川毅彦の打診球診】

4球で岸を本気にさせた日本ハム・清宮…十分に5番打てる力ある

特集:
2018新人情報
清宮幸太郎
日本ハム・清宮のしなり感じるスイング

日本ハム・清宮のしなり感じるスイング【拡大】

 (パ・リーグ、日本ハム0-1楽天、4回戦、日本ハム3勝1敗、2日、札幌D)清宮は第1打席から力みのない、鋭いスイングができていた。初打席からヒットを打つのは大したものだ。

 スイングはバットを振るというより、細い竹やゴルフクラブのシャフトを振っているように、しなりを感じる。バットの先が速く出てきて、軸がぶれずに正確に球を捉えることができる。だからミスショットが少ない。

 その後に連続三振した球は、いずれも岸のベストボール。清宮でなくても、対応は難しい。

【続きを読む】

  • 日本ハム・清宮のしなり感じるスイング
  • 日本ハム・清宮のしなり感じるスイング
  • 日本ハム・清宮のしなり感じるスイング
  • 日本ハム・清宮のしなり感じるスイング
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 【小早川毅彦の打診球診】4球で岸を本気にさせた日本ハム・清宮…十分に5番打てる力ある