2018.5.1 08:00

【八木裕 神眼スコープ】阪神・ロサリオ、収穫あったファウル直後の一発

【八木裕 神眼スコープ】

阪神・ロサリオ、収穫あったファウル直後の一発

特集:
八木裕 神眼スコープ
延長10回、本塁打を放つ阪神・ロサリオ=マツダスタジアム(撮影・山田喜貴)

延長10回、本塁打を放つ阪神・ロサリオ=マツダスタジアム(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・リーグ、広島2-4阪神=延長十回、6回戦、3勝3敗、30日、マツダ)あれが「ひと振りで決められる」ロサリオの打球なのだろう。見事な決勝本塁打だった。最大の収穫は、決勝弾の打席の途中で修正できたこと。カウント1-1から一岡の直球に差し込まれてファウルに。直後の同じコースの直球をスタンドまで運んだ。具体的な修正箇所ははっきりしない部分もあるが、今後の自信になる打席だ。

 球の見極め方をみても、相手の配球にかなり慣れてきている。ただ、この日は強引に振るケースも見られた。これは「そろそろ一発が欲しい」という思いが強く出過ぎた結果だろう。最後に一発が出て、本人も納得できたのではないか。

 もちろん、新たな課題もある。俊足・植田を一塁に置いての打席で、相手バッテリーが執拗に走者を警戒。けん制球の多さ、セットポジションの長さに、打席の中で嫌そうな顔をしていた。苦しんでいるのは相手、とプラスに考えるようになれば、さらに日本野球に適応できるだろう。(サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【八木裕 神眼スコープ】阪神・ロサリオ、収穫あったファウル直後の一発