2018.4.29 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】「鳥谷二塁」が金本監督の連続出場記録への温情なら結果次第で全てが暗転 「鉄人の系譜」はこの先…

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

「鳥谷二塁」が金本監督の連続出場記録への温情なら結果次第で全てが暗転 「鉄人の系譜」はこの先…

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
28日の広島戦では14打席ぶりの安打をマークしたが今季は精彩を欠く

28日の広島戦では14打席ぶりの安打をマークしたが今季は精彩を欠く【拡大】

 世界記録達成への温情が「鳥谷二塁」ならば、阪神・鳥谷敬内野手(36)は必死で状態を上げなければなりません。鳥谷は28日の広島戦(マツダ)に代打で登場し、そのまま二塁に。八回一死の第2打席で右中間二塁打、14打席ぶりの安打を放ちましたが打率・159で低空飛行のままです。2215試合という連続試合出場の世界記録保持者・衣笠祥雄氏が23日、上行結腸がんで死去。鳥谷は28日現在で1916試合です。今季の二塁転向が金本知憲監督(50)の記録続行に向けた配慮ならば必死で前を向かないと全てが暗転します。

 衣笠祥雄氏の追悼試合で、鳥谷は試合途中の六回に代打で登場。その打席は中飛でしたが、そのまま二塁に。そして八回に迎えた第2打席で右中間に二塁打。この安打が実に15日のヤクルト戦(甲子園)以来、14打席ぶりの安打でした。打率は・159と全く上昇する気配がなく、「攻守で精彩を欠いている…」という声がチーム内外から聞こえてきます。

 鳥谷は昨季の終了時点で連続試合出場が1895試合でした。今季は28日まで21試合連続出場を継続中で、1916試合にまで記録は伸びていますね。もちろん、大目標は23日に上行結腸がんで71歳で逝去された衣笠祥雄氏の世界記録、2215試合です。

 あと299試合となると、今季を最後まで継続して、さらに後2年先…。気が遠くなるような数字です。果たして届くのか…。果たして世界記録更新はなるのか…。

【続きを読む】

  • 二塁手として送球練習に励む鳥谷。手前は西岡
  • 雨天中止となった17日の中日戦。金本監督は鳥谷と談笑
  • 4月15日のヤクルト戦で生還した鳥谷を笑顔で迎えた金本監督
  • 鳥谷はグラウンドで結果を求められている
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】「鳥谷二塁」が金本監督の連続出場記録への温情なら結果次第で全てが暗転 「鉄人の系譜」はこの先…