2018.4.28 22:49

オリ・山本、プロ初ホールド「勝っている試合で投げるのは初めて」

オリ・山本、プロ初ホールド「勝っている試合で投げるのは初めて」

5回、勝ち越し本塁打を放つオリックス・大城=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)

5回、勝ち越し本塁打を放つオリックス・大城=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス3-1ソフトバンク、4回戦、2勝2敗、28日、京セラ)オリックス・山本由伸投手(19)が28日、ソフトバンク戦(京セラ)でプロ初ホールドを挙げた。3-1の八回から2番手で登板し、1回を無失点。チームの勝利に貢献した。

 「絶対に抑えてやろうと思ってマウンドに行きました。(今年)1軍に上がって、勝っている試合で投げるのは初めてですよね。いつも以上に気を引き締めて、マウンドに行きました」

 今季3試合目の登板は、2点リードした場面。勝ちパターンでの救援は初経験だったが、自慢の剛球を軸にキッチリ3人で仕留めた。ルーキーイヤーの昨季は8月31日のロッテ戦(ZOZOマリン)でプロ初勝利をマーク。今季は24日に1軍昇格後、中継ぎで起用されているが、初のホールドについて「初勝利の方がうれしかったですけど、(先発の)西さんがいい投球をしているなかで、リードを守って後ろにつなぐことができた。また違った喜びがあります」と振り返った。

試合結果へ

  • 5回オリックス1死、大城が左越えに本塁打を放つ=京セラドーム
  • 先発するオリックス・西=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリ・山本、プロ初ホールド「勝っている試合で投げるのは初めて」