2018.4.27 05:03(1/2ページ)

D1・東、11K!初2桁で奪三振リーグトップも実らずDeNA4連敗 

D1・東、11K!初2桁で奪三振リーグトップも実らずDeNA4連敗 

八回二死二、三塁で安部を二ゴロに仕留め、ガッツポーズする東。勝利にはつながらなかったが、新人左腕がまた好投した (撮影・斎藤浩一)

八回二死二、三塁で安部を二ゴロに仕留め、ガッツポーズする東。勝利にはつながらなかったが、新人左腕がまた好投した (撮影・斎藤浩一)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA3-4広島、6回戦、広島4勝2敗、26日、横浜)DeNAは26日、広島6回戦(横浜)に3-4で敗れ、今季ワーストの4連敗。3-3の九回に山崎康晃投手(25)が、代打・エルドレッドにバックスクリーンへの4号決勝ソロを浴びた。

 「ウチのベストなクローザーがリーグを代表する打者に打たれたのは仕方がない。中飛だったかもしれない打球。それがパワーある打者でバックスクリーンまでいった」

 ラミレス監督は、今季9試合目の登板で初失点の山崎をかばった。悔やまれるのは、先発で8回3失点だったD1位・東克樹投手(22)=立命大=の力投が報われなかったことだ。一回に5安打を集められて3失点し、二回も無死一、三塁とされたが、そこから粘り、八回先頭の丸に四球を出すまで1人の出塁も許さなかった。11三振を奪って、登板4試合(2勝1敗)で計33奪三振となり、リーグトップに立った。

【続きを読む】

  • 6回、好機に三振に倒れ悔しがるDeNA・東=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 4回、送りバントを決めるDeNA・東=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 先発のDeNA・東=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 先発のDeNA・東=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 9回、広島・エルドレッドに本塁打を浴びたDeNA・山崎=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 2回、適時打を放ったDeNA・梶谷=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 1回、ロペスの適時打で生還したDeNA・筒香(右)=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 1回、適時打を放つDeNA・ロペス=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 1回、本塁打を放ちタッチをかわすDeNA・宮本=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • セ・リーグ奪三審部門5傑
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. D1・東、11K!初2桁で奪三振リーグトップも実らずDeNA4連敗