2018.4.24 10:00(5/6ページ)

【ワンス・アポン・ア・タイム(4)】バッキー氏「思い出の中には常にオクサンがいる」

【ワンス・アポン・ア・タイム(4)】

バッキー氏「思い出の中には常にオクサンがいる」

特集:
ワンス・アポン・ア・タイム
現役時代のバッキー氏(右)と吉田義男氏(左)。阪神での日々は、バッキー氏にとって大切な思い出だ(本人提供写真)

現役時代のバッキー氏(右)と吉田義男氏(左)。阪神での日々は、バッキー氏にとって大切な思い出だ(本人提供写真)【拡大】

 子供たちも母親を思い出すみたい。日本の思い出の品は、屋根裏部屋にある。僕はもうそこには上がれない。子供たちに「整理をしてくれ」って頼んでいるんだけど、母親を思い出すみたいで、上がりたがらないんだ。 (おわり)

★金田さんが脱ぎたてトレーナー父にくれた

 【金田正一さん】ここに金田(正一)さんが来たことがある。39年前のことだ。友達と一緒だった。

 当時、まだ僕の父親が生きていたんだけど、金田さんが着ていたトレーナーのことを褒めたら、金田さんがその場で脱いで「どうぞ」とくれた。父親はどうしたらいいか、戸惑っていたね。

 ロン・ギドリーを知っているか? ヤンキースで140勝を挙げた名投手で背番号49はヤ軍の永久欠番になっている。彼もこの町の出身なんだけど、金田さんが来たときに一緒に食事をした。その時、彼がたまたま金田さんの時計を「いい時計ですね」と褒めたら、それを外して渡していた。

 ギドリーも戸惑っていたけど、お返しとして彼のグラブを金田さんにプレゼントしたはずだ。愉快な人だった。2、3日、ここにいたんだ。

 そういえば、きのうの店(シーフードレストラン)に金田さんとも行ったんだ。そしたら彼は「すしが食べたい」という。店の人に「ない」といわれたけど、生の魚はある。彼は調理場に入って、自分で魚をさばき始めた。そして、すしを作って食べたんだ。

【続きを読む】

  • 自宅で家族と写真におさまるバッキー氏(本人提供写真)
  • 骨折した親指を見せるバッキー氏
  • バッキー氏の牧場(撮影・丹羽政善通信員)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【ワンス・アポン・ア・タイム(4)】バッキー氏「思い出の中には常にオクサンがいる」