2018.4.24 08:00(1/3ページ)

【なるべく週刊エモト】アマができないことをやってこそ「プロのプライド」

【なるべく週刊エモト】

アマができないことをやってこそ「プロのプライド」

特集:
なるべく週刊エモト

 サンケイスポーツ専属評論家の江本孟紀氏(70)が「スポーツ選手のプライドについてもう1度、考えてみよう」と言葉を投げかけてきた。今回は、プロゴルファーとプロ野球選手にみる、プライドとこだわりの考察です。 (構成・内井義隆)

 --「プライドはないのか!?」。よく江本さんが使われる言葉です

 「最近、それを再認識させられることがあった。ゴルフで偶然、安田春雄さんと一緒にラウンドさせてもらってね。さすが、1960年代から70年代に『和製ビッグ3』に数えられたトッププロ。75歳にしてなお、すごいのなんの」

 --そうでしたか

 「俺より100ヤードは飛ばす。まず、そこに脱帽だ。加えて、使っているクラブは、われわれみたいに、ふにゃふにゃではない。シャフトの硬度は『X』。一番硬いやつだ」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【なるべく週刊エモト】アマができないことをやってこそ「プロのプライド」