2018.4.20 05:03(2/3ページ)

阪神・福留、松坂撃ちで先制お膳立て!盟友でも「勝負は勝負」

阪神・福留、松坂撃ちで先制お膳立て!盟友でも「勝負は勝負」

特集:
福留孝介
4回、併殺打に倒れる阪神・福留=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)

4回、併殺打に倒れる阪神・福留=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)【拡大】

 1-1の四回無死満塁では遊ゴロ併殺で“決勝点”も。今季はすでに3度も決勝打を放っているが、福留だからこそできる「最低限の最低限」といえる仕事で、試合を決めた。七回の痛烈右前打も含め、金本監督は「オジサン、頑張ってくれてますよ。オジサンも代えてあげたいんだけど(笑)。もうちょっと暑くなるまで頑張ってもらわないと」とねぎらった。

 この日の試合前にも、「オジサン」はヒーローだった。ティー打撃中。そばでジッと見つめていた少年の腕を、ネット越しに打球がかすめてしまった。冷や汗をかき「危ないよ! フェンスから離れてね」と、お詫びに打撃手袋をプレゼント。受け取った中村光喜くん(小学4年)=愛知・瀬戸市=は、中日のユニホームTシャツを来ていたが「きょうから阪神の、福留さんのファンになります!」。少年の心を撃ち抜いてから、さすがの怪物撃ちへつなげた。

 「連打連打するのは難しいから。取れるところで取れたのはよかった」

 「平成」はあと1年あまりで終わる。だが、怪物と福留がつむぐ「平成の名勝負」は今まさに、再び始まった。 (長友孝輔)

【続きを読む】

  • 二回、松坂から快音を響かせた福留。ともに日本代表でも戦った怪物から2安打を放ってみせた(撮影・松永渉平)
  • ヒップタッチをする阪神・福留、俊介、糸井(左から)=ナゴヤドーム(撮影・岩川晋也)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・福留、松坂撃ちで先制お膳立て!盟友でも「勝負は勝負」