2018.4.13 08:00

【八木裕 神眼スコープ】阪神・鳥谷、出場して状態を上げてきたタイプだけに厳しい

【八木裕 神眼スコープ】

阪神・鳥谷、出場して状態を上げてきたタイプだけに厳しい

特集:
八木裕 神眼スコープ
鳥谷は三回、二飛に倒れる。久々のスタメンで結果を残せなかった(撮影・山田喜貴)

鳥谷は三回、二飛に倒れる。久々のスタメンで結果を残せなかった(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神1-5広島、3回戦、阪神2勝1敗、12日、甲子園)7試合ぶりにスタメン出場した鳥谷だったが、「らしくない打撃」だった。タイミングが全く取れておらず、一回の投ゴロ(失策)に始まって全打席、ファウルの打球も含めて、いい当たりがない。以前と比べて打ち方を変えているわけでもない。「本人の打撃の調子が上がってこない」という表現しかできない。

 もともと鳥谷は試合に出場して状態を上げてきたタイプ。長い期間、そういう調整を続けてきた選手が今はベンチスタートだったり、スタメンだったりという、体験したことがない日々の中で、どうしてもうまく調子を上げられていない。

 どうればいいか? という話になるのだが、なかなか難しい。連続試合出場が継続している選手だけに、起用法に関してはベンチも悩んでいるだろう。ただ、現状から調子が上がらなければベンチスタートは仕方がない。プロ野球の世界は、結果を出す選手が試合に出るのは当然だ。

 当面は代打を中心とした出場になるかもしれないが、環境に対応して調子を上げる作業を進めていくしかない。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【八木裕 神眼スコープ】阪神・鳥谷、出場して状態を上げてきたタイプだけに厳しい