2018.4.13 08:00(1/2ページ)

【小早川毅彦のベースボールカルテ】自分で判断せずベンチの指示待ち…今の選手に足りない“野球脳”

【小早川毅彦のベースボールカルテ】

自分で判断せずベンチの指示待ち…今の選手に足りない“野球脳”

特集:
小早川毅彦のベースボールカルテ

 ここ数年、プロらしくない、つまらないミスが多くなったように思う。開幕して10試合ちょっとだが、今年も走者が打球の判断を誤ってアウトになったり、牽制(けんせい)で刺されたりと、記録に表れない走塁ミスが目につく。

 投手はいかに速い球や切れのある変化球を投げるか、打者はいかに遠くへ飛ばすかなど野球の技術ばかり追い求め、“野球脳”が不足しているのではないだろうか。

 昔は春のキャンプで走者を置いた試合形式の練習を繰り返し、ノックの打球や、打者が実際に打った打球で走者が判断する力を身に付けた。状況判断はイニング、点差などで違ってくるので、いろいろな設定で経験して覚えるしかない。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【小早川毅彦のベースボールカルテ】自分で判断せずベンチの指示待ち…今の選手に足りない“野球脳”