2018.4.13 21:31

DeNA、6連勝で首位浮上! 開幕投手の石田が今季初勝利

DeNA、6連勝で首位浮上! 開幕投手の石田が今季初勝利

7回、適時打を放つDeNA・大和=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)

7回、適時打を放つDeNA・大和=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA6-5中日、1回戦、DeNA1勝、13日、横浜)DeNAは2点を追う七回、阪神からFAで加入した大和内野手(30)の適時打などで3点を奪い逆転勝ち。6連勝でこの日敗れた広島に代わって首位に浮上した。先発した石田健大投手(25)が7回7安打5失点ながら今季初勝利(2敗)を挙げた。

 DeNAは3-5で迎えた七回、無死一塁から倉本の中越え適時二塁打で1点差。さらに無死二、三塁とチャンスを広げると、大和の中前適時打で同点とした。なおも一死一、三塁からロペスの三ゴロの間に三走が生還し勝ち越した。八回はパットン、九回は井納が中日打線を抑えて逃げ切った。

 同点の適時打を含む2安打2打点と勝利に貢献した大和は、お立ち台で「なかなか打つ方で結果が出ていなかった。いい形で(打席を)回してくれたのでなんとか打てるようにと思って打席に立った。前の打者(神里)に感謝です」と笑顔。チームは6連勝とし首位に浮上し、「いい勢いで来ている。これをまだまだ続けていかないといけない」と気を引き締めていた。

試合結果へ

  • 7回、適時二塁打を放つDeNA・倉本=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 3回、DeNA・大和が左前に適時打を放つ=横浜
  • 中日戦に先発したDeNA・石田=横浜
  • 5回、中日・ビシエドに3点本塁打を許したDeNA・石田=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 3回、中日・京田に適時打を許したDeNA・石田=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 2回、本塁打を放つDeNA・宮崎=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 1回、DeNA・神里は二塁への打球で一塁にヘッドスライディングするもアウト=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 2回、本塁打を放ち生還したDeNA・宮崎はベンチ前でナインとタッチを交わす=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA、6連勝で首位浮上! 開幕投手の石田が今季初勝利