2018.4.12 05:02(2/2ページ)

東洋大・上茶谷、2戦連続完投勝利!日本ハム・山田スカウト顧問「1位指名も」/東都

東洋大・上茶谷、2戦連続完投勝利!日本ハム・山田スカウト顧問「1位指名も」/東都

1失点完投で東洋大を勝利に導いた上茶谷(撮影・赤堀宏幸)

1失点完投で東洋大を勝利に導いた上茶谷(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 2戦連続の完投勝ちに上茶谷がガッツポーズ。それでも4安打1失点に反省も忘れなかった。

 「2回戦で中大がコンパクトに振っていたので、変化球をコーナーに投げていかないといけないと思った。(八回の)失点は甘かった」

 京都学園高時代は、無名で3年夏も県大会は2回戦止まり。東洋大でも昨年までは1年先輩の飯田(現新日鉄住金鹿島)らの陰に隠れ、リーグ戦登板は計6試合4回2/3で勝ち星なしだった。それでも冬のトレーニングが実り、今春のオープン戦から最速151キロまで球速アップ。9日の1回戦ではリーグ戦初先発で16三振を奪い完封。一躍、“全国区”に名乗り出た。

 この日も完投で、視察した日本ハム・山田スカウト顧問も「スタミナ(があるの)も見られたし、(最速153キロの梅津、同154キロの甲斐野と)3人が秋に1位指名の可能性もある」と期待した。小さめのテークバックから繰り出すスプリット・フィンガード・ファストボールの切れが持ち味。3連覇へ、上茶谷が快投を続ける。(赤堀宏幸)

東洋大・杉本監督「上茶谷は1回戦より良かった。梅津、甲斐野、村上らもいて、いい相乗効果が投手陣にある」

先制本塁打の東洋大・小峰「つなぐ意識でいるので、リーグ戦では本塁打は初めて」

試合結果へ試合日程へ

  • 中大戦で好投した東洋大の上茶谷=神宮
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東洋大・上茶谷、2戦連続完投勝利!日本ハム・山田スカウト顧問「1位指名も」/東都