2018.4.11 05:02

楽天・岸、「ホッ」265日ぶり勝利!試合後守護神と抱き合った

楽天・岸、「ホッ」265日ぶり勝利!試合後守護神と抱き合った

今季初勝利を挙げた岸。6回1失点の好投をみせた (撮影・岡田茂)

今季初勝利を挙げた岸。6回1失点の好投をみせた (撮影・岡田茂)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス2-4楽天、1回戦、楽天1勝、10日、京セラ)楽天は10日、オリックス1回戦(京セラ)に4-2で勝ち、連敗を2で止めた。先発の岸孝之投手(33)が、6回6安打1失点で今季初勝利を挙げた。

 「初回から全力でいきました。味方が先制点を取ってくれて、それを守って六回に降板したけど、よかったです」

 三回まで無安打無四球の好投。四回先頭の宗に遊撃内野安打を許し、二死三塁から4番・ロメロに左前適時打されて今季初失点を喫したが、最少失点で118球を投げ切った。

 待望の白星だ。レギュラーシーズンでは、昨季8勝目を挙げた7月19日の日本ハム戦(札幌ドーム)以来、実に265日ぶりの勝利。「ホッとした。チームが勝てれば何でもいい」と会心の笑みを浮かべ、勝利球を持ち帰った。

 この日は精彩を欠いていた抑えの松井も今季初セーブを挙げた。試合後、トレーナー室に入ると、岸は上半身裸の守護神と熱く抱き合い、ベッドに押し倒した。

 「昨季の開幕はここ(京セラ)で3連勝のスタート。試合前に(ミーティングで)話した」と梨田監督。岸でつかんだ大きな1勝を上昇の足掛かりにする。 (広岡浩二)

試合結果へ

  • オリックス戦に先発した楽天・岸=京セラドーム
  • 先発の楽天・岸=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 勝利し、ハイタッチする楽天ナイン=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 1回、先制の生還をした島内(35)を迎える楽天・梨田監督=京セラドーム
  • 3回、2点本塁打を放つ楽天・ペゲーロ=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 楽天
  5. 楽天・岸、「ホッ」265日ぶり勝利!試合後守護神と抱き合った