2018.4.11 05:03(1/2ページ)

日本ハム・清宮、2軍戦で三振デビュー 「5番・DH」で先発も…1打席で交代

日本ハム・清宮、2軍戦で三振デビュー 「5番・DH」で先発も…1打席で交代

特集:
2018新人情報
清宮幸太郎
イースタン西武戦で清宮がプロデビュー。初打席は空振り三振だった (撮影・高橋朋彦)

イースタン西武戦で清宮がプロデビュー。初打席は空振り三振だった (撮影・高橋朋彦)【拡大】

 限局性腹膜炎で離脱していた日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=が10日、イースタン・リーグ、西武戦(メットライフ)で実戦復帰。「5番・DH」で公式戦デビューを果たした。

 「打席の中での感覚を大事にしながら入りました。結果は良くなかったけれど色々なことを感じ取れたのは次につながる」

 振り返ったのは、二回一死走者なしで回ってきた記念すべき初打席だ。相手の先発・南川の132キロの変化球に空振り三振。当初の予定通り1打席だけで途中交代した。

 3月12日に体調不良を訴え、同24日まで入院。実戦は3月11日のオープン戦以来、1カ月ぶりだった。少年時代、父・克幸さんの所属する会社、サントリーのイベントで「フィールドの中にも入ったことがある」という思い出深い球場に、まず第一歩を刻みつけた。

【続きを読む】

  • 2回、三振に倒れる日本ハム・清宮=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 練習での日本ハム・清宮=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 日本ハム・イースタンリーグ日程
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハム・清宮、2軍戦で三振デビュー 「5番・DH」で先発も…1打席で交代