2018.4.10 05:01

東洋大、上茶谷の初完封で杉本新監督初勝利/東都

東洋大、上茶谷の初完封で杉本新監督初勝利/東都

先発の東洋大学・上茶谷大河=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

先発の東洋大学・上茶谷大河=神宮球場(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 東都大学野球春季リーグ第1週第1日(9日、神宮)1回戦2試合で開幕し、3連覇を狙う東洋大が中大に9-0で勝ち、5季ぶりに1部復帰の駒大は立正大を8-3で下した。東洋大はリーグ戦初先発の最速151キロ右腕、上茶谷(かみちゃたに)大河投手(4年)が16三振を奪い、リーグ戦初完封で初勝利をマークした。駒大は先発右腕、辻本宙夢投手(4年)が打線の援護を受け、3失点完投で初勝利を挙げた。

 東洋大・上茶谷が最速151キロの直球とスプリットを巧みに使い、自身の初勝利を完封で飾った。杉本新監督に初勝利をプレゼントし「めちゃくちゃ緊張したけど、先に点を取ってくれ、全力で投げられた」と笑顔。国内外14球団が視察し、ヤクルト・橿渕編成部スカウトグループデスクは「球の切れや質だけでなく、落ち着いて試合を作れる」と好評価した。

東洋大に敗れた中大・吉田叡主将「とにかく上茶谷はコントロールがよかった。2回戦もいい投手が来るので、何とかしたい」

試合結果へ試合日程へ

  • 先発の東洋大・上茶谷大河=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 4回の守備を終え、吠える東洋大・上茶谷=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 5回、二塁打を放つ東洋大・中川=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東洋大、上茶谷の初完封で杉本新監督初勝利/東都