2018.4.10 22:38

広島・薮田、また制球に苦しむ「力が無いだけ」

広島・薮田、また制球に苦しむ「力が無いだけ」

先発の広島・薮田=甲子園球場(撮影・中島信生)

先発の広島・薮田=甲子園球場(撮影・中島信生)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神4-3広島、1回戦、阪神1勝、10日、甲子園)広島の薮田はまたも課題の制球に苦しんだ。六回1死から連続四球で8個目の四球を許したところで降板し、逆転負けを招き「力が無いだけ。練習あるのみ」と必死に言葉を絞り出した。

 オープン戦から乱調が続き、今季初登板だった3日のヤクルト戦では白星こそついたものの、5回で7四死球と精彩を欠く内容だった。「腕は振れているけど、四球を続けて出していた」と評した畝投手コーチは出場選手登録を外す可能性を聞かれ「そこまでは…。(次回登板について)考えるところはある」と悩ましげだった。

緒方監督(六回に田中がゴロを後逸し、同点となった場面に)「責める気は全然ない。思い切ってプレーしている」

田中(六回1死満塁で、大きく跳ねたゴロを後逸)「あの打球は攻めないといけない。強いて言えば、前にはじいておければ」

一岡(救援した六回1死一、二塁から逆転を許し)「準備はしていた。逆転の走者を出したことは反省しないといけない」

試合結果へ

  • 2回、適時打を放つ広島・薮田=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 8回、投球する広島・アドゥワ=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 6回、田中の失策で同点とされた広島・一岡=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 6回、投球する広島・一岡=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 6回、選手交代を告げる広島・緒方監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 2回、会沢の適時二塁打で生還した松山を出迎える広島・緒方監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 2回、広島・会沢が適時二塁打を放つ=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 1回、阪神・ロサリオの打球を好捕する広島・丸=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島・薮田、また制球に苦しむ「力が無いだけ」