2018.4.9 05:04(2/3ページ)

ヤクルト、3年ぶり首位!“快盗”山田が2盗塁3得点

ヤクルト、3年ぶり首位!“快盗”山田が2盗塁3得点

特集:
山田哲人
中尾(中央奥)ら、笑顔が並んだヤクルトナイン。2年ぶりに巨人に同一カード3連勝だ(撮影・大橋純人)

中尾(中央奥)ら、笑顔が並んだヤクルトナイン。2年ぶりに巨人に同一カード3連勝だ(撮影・大橋純人)【拡大】

 背番号1が、春の神宮の杜を疾走した。山田哲が一、三回に初球で二盗に成功。いずれも生還し、納得の表情だ。

 「2回ともいいスタート。今季は貪欲に走るというのはシーズン前から決めていた。小川監督からは常々いわれている」

 まずは一回、先頭打者として四球で出塁し、2番・西浦の初球で二盗。西浦の犠打で三進し、バレンティンの遊ゴロで生還と、無安打での先制点につなげた。さらに圧巻は三回だ。一死から再び四球で出ると、捕手・大城は西浦の初球で、外角高めへのウエストボールを要求。読まれて立った状態から二塁へ送球されたにもかかわらず、50メートルを5秒67で走った記録を持つ山田哲の足は、一瞬ベースに早くついた。

 今季9試合で7盗塁。失敗、牽制(けんせい)死は一度もなく、うち5つを初球に決めた。〔1〕スタートを切る勇気〔2〕走塁技術〔3〕状況把握-。自信には裏付けがある。

【続きを読む】

  • 山田哲は二盗に2度成功。三回の2個目は、途中で捕手の動きを確認しながら、間一髪セーフにした(撮影・荒木孝雄)
  • ヤクルトVS巨人2012年以降のシーズン対戦成績
  • 山田哲人の年度別打撃成績
  • シーズン盗塁数10傑
  • 1972年、阪急・福本
  • モーニング娘。の曲にからめ桜花賞予想をするつば九郎
  • 試合後、プロ初勝利を挙げたヤクルト・中尾はヒーローインタビューでつば九郎に頭を撫でられ笑顔を見せる=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • ヒーローインタビューに臨むヤクルト・中尾(左)とバレンティン=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • つば九郎に写真を撮られるヤクルト・バレンティン=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 試合に勝利し握手を交わすヤクルト・中村(左)とカラシティー=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 7回、移籍後初安打となる左前適時打を放つヤクルト・田代=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 試合を締めたヤクルト・カラシティー=神宮球場(撮影・田村亮介)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト、3年ぶり首位!“快盗”山田が2盗塁3得点