2018.4.8 08:00

【八木裕 神眼スコープ】変化球と同じポイントで打とうとし、直球に詰まる阪神・ロサリオ

【八木裕 神眼スコープ】

変化球と同じポイントで打とうとし、直球に詰まる阪神・ロサリオ

特集:
八木裕 神眼スコープ
1回、安打を放つ阪神・ロサリオ=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)

1回、安打を放つ阪神・ロサリオ=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-1中日、2回戦、1勝1敗、7日、京セラ)少ないチャンスを生かしての勝利だったが、開幕以来「2、3点打線」になっている。踏ん張っている投手陣の負担を軽くするためにも「5、6点打線」にしたいところ。カギは4番ロサリオであり、日替わりの2番だろう。

 ロサリオはヒットは出ている。打てるスイングも身につけている。ただ、打てるポイントに球を持って来ることができていない。分かりやすく言えば、今は直球に詰まっている。私が見る限り、直球と変化球を同じポイントで打とうとしているように感じる。

 それは器用にできることではない。まず、直球に絞ってポイントを取り戻す作業を先にしたほうがいい。変化球に合わすのは、その後で十分。ロサリオが調子を上げれば、3番糸井と好調な福留以下の下位がつながって、一気に「5、6点打線」が可能になる。

 2番は、この日は起爆剤として期待された西岡だったが、上本、鳥谷が交代で入っている。選手個々の調子、相手先発の左右によって、ベンチが悩みながら決めている感じ。固定するのは理想だが、現状の各選手の状態を考えれば、当面はこの方法でいくしかないのではないか。(サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【八木裕 神眼スコープ】変化球と同じポイントで打とうとし、直球に詰まる阪神・ロサリオ