2018.4.8 16:04

【試合結果】ヤクルト、巨人に3連勝! バレンティン4打点&2年目左腕・中尾がプロ初勝利

【試合結果】

ヤクルト、巨人に3連勝! バレンティン4打点&2年目左腕・中尾がプロ初勝利

3回、2点本塁打を放つヤクルト・バレンティン=神宮球場(撮影・大橋純人)

3回、2点本塁打を放つヤクルト・バレンティン=神宮球場(撮影・大橋純人)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト7-4巨人、ヤクルト3勝、3回戦、8日、神宮)ヤクルトは打線がつながり、本拠地で3連勝。3番・バレンティンが三回に3号2ランを放つなど2安打4打点の大暴れ。2番手の2年目左腕・中尾が3回1安打無失点と好救援し、プロ初勝利を飾った。

 満員の神宮球場。ヤクルトは山中、巨人は野上が先発した。先制したのはヤクルト。一回、一死三塁と好機を作ると、バレンティンが遊ゴロの間に三走・山田が生還した。巨人は三回一死から、D3位・大城(NTT西日本)が右翼スタンドへプロ初本塁打を放った。ヤクルトはその裏、一死二塁から西浦が左前適時打。続くバレンティンが左越え3号2ランを放ち、4-1とした。

 巨人は四回、一死一、二塁からマギーが左前適時打、続く岡本の左翼フェンス直撃の適時二塁打で1点差。さらに亀井が左犠飛を放ち、4-4と同点に追いついた。

 ヤクルトは六回一死三塁と好機を作ると、広岡が2番手・沢村から中犠飛を放ち、5-4とした。七回は一死一、三塁でバレンティンが中前適時打を放ち、1点を追加。なおも二死一、二塁から田代が左前適時打を放ち、7-4とした。投手陣は山中が4回4失点。その後は中尾、石山、カラシティーが巨人打線に点を与えなかった。

試合結果へ

試合結果へ

  • 4回、巨人・岡本の適時二塁打の打球を追うヤクル・バレンティン=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 5回、マウンドに上がったヤクルト・中尾=神宮球場(撮影・田村亮介)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【試合結果】ヤクルト、巨人に3連勝! バレンティン4打点&2年目左腕・中尾がプロ初勝利