2018.4.7 05:03(2/2ページ)

阪神、勝負手失敗…梅野がセーフティースクイズ決められず併殺幕切れ

阪神、勝負手失敗…梅野がセーフティースクイズ決められず併殺幕切れ

特集:
梅野隆太郎
ゲッツーで試合終了の瞬間、首を傾げる金本監督

ゲッツーで試合終了の瞬間、首を傾げる金本監督【拡大】

 だが1球目、低めのボール球は三塁線へのファウル。2つ、ボールが挟まったが、変わらずバントの構えを取った。そして4球目。内角高めのボール球で体を起こされ、白球は正面へ…。捕手と交錯しかけたことで走り出しも遅れ、一塁もアウトとなった。

 拙攻の連続で、ただでさえ苦しい展開だった。2-2の六回無死二、三塁では、4番・ロサリオが二飛、5番・福留が投ゴロと2球で2アウト。大山も遊ゴロに倒れ、絶好機を逃した。八回一死二塁でも4、5番が凡退。そして最後に、残酷な結末が待っていた。

 金本監督は「普段(梅野は犠打を)あれだけ決めてるから。あの場面で決めないと。そこがメンタルというか。やっていかないとね」と厳しい表情で語った。

 託された者が、それぞれで局面を打開していかなくては、上は見えて来ない。梅野は「やり返すチャンスがあると思うので、これから気持ち切り替えてやっていきたいです」と必死に前を向いた。それぞれが1点ずつもぎ取っていくことこそが、スローガン「執念」のはずだ。 (長友孝輔)

セーフティースクイズについて阪神・片岡ヘッド兼打撃コーチ「一番バントがうまい選手なので。作戦面のことは言えませんが、一番バントがうまい選手だからということ」

データBOX

 ◎…梅野は昨季、1位の広島・菊池(30)に次ぐリーグ2位の27犠打。3位は阪神・上本の23だった
 ◎…梅野の昨季の犠打失敗は6で、成功率は・824。三塁に走者を置いた状況では4回企図し、成功は2だった

試合結果へ

  • 九回一死三塁で、内角のボール球をバントする梅野だが…(撮影・松永渉平)
  • 9回、本塁アウトの阪神・植田海(中央)
  • 9回、スクイズを試み、1塁アウトになる阪神・梅野隆太郎
  • 1回、2点本塁打を放つ阪神・糸井=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 1回、本塁打を放つ阪神・糸井=京セラドーム大阪(撮影・村本聡)
  • 先発の阪神・藤浪=京セラドーム大阪(撮影・森本幸一)
  • 1回、投球の際バランスを崩した阪神・藤浪=京セラドーム大阪(撮影・森本幸一)
  • 5回、登板する阪神・石崎=京セラドーム大阪(撮影・森本幸一)
  • 投球する阪神・藤川=京セラドーム大阪(撮影・村本聡)
  • 9回、バントする阪神・梅野=京セラ(撮影・森本幸一)
  • 投球する阪神・高橋聡=京セラドーム大阪(撮影・村本聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神、勝負手失敗…梅野がセーフティースクイズ決められず併殺幕切れ