2018.4.5 22:39

オリックス、投手陣粘れず 福良監督「ちょっと取られすぎ」

オリックス、投手陣粘れず 福良監督「ちょっと取られすぎ」

先発のオリックス・ディクソン=京セラドーム大阪(撮影・山下香)

先発のオリックス・ディクソン=京セラドーム大阪(撮影・山下香)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス5-9ロッテ、3回戦、ロッテ2勝1敗、5日、京セラ)オリックスのディクソンは6回4失点と粘れなかった。試合の流れを呼び込めず「三振を取れなかったというところで、決め球に欠けていた」と悔やんだ。

 救援陣も打ち込まれた。2-4の七回に登板した金田は1死から5連打を浴びて3失点。5-7の九回に登板した小林も鈴木に2ランを浴びた。福良監督は「打線はよく粘った。後ろのピッチャーがちょっと取られすぎ。考えないと」と渋い表情だった。

山崎福(オープン戦も含めて今季1軍初登板で1回2/3を無失点)「カーブで空振りを取れたのが良かった。どこでもいいので投げる試合は全部抑える気持ちでやる」

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス、投手陣粘れず 福良監督「ちょっと取られすぎ」