2018.4.3 08:00

【黒田正宏 軍師の断】阪神、G3連戦「アレ?」と思う采配目立った

【黒田正宏 軍師の断】

阪神、G3連戦「アレ?」と思う采配目立った

特集:
黒田正宏 軍師の断
ベンチで厳しい表情を浮かべる阪神・金本監督。左は片岡コーチ

ベンチで厳しい表情を浮かべる阪神・金本監督。左は片岡コーチ【拡大】

 4日のDeNA戦は相手が右腕の飯塚ということで、開幕と3戦目と同じオーダーだろう。仕切り直しとしては絶好の機会なだけに積極的なベンチワークに期待したい。

 というのも先の巨人3連戦は「アレ?」と思う采配が目立ったからだ。

 2戦目の六回の攻撃。藤浪の前を打つ梅野に犠打をさせたのであれば、藤浪には代打。そもそも立ち上がりから力みがあり、制球も荒れた藤浪の六回続投はない。彼にとって1勝目が最高の良薬になるはずだった。

 岡本の逆転3ランで敗れた3戦目は、高山の守備のミスが出たときに投手コーチがマウンドにいってほしかった。岡本に初球内角高めの直球を要求した梅野の配球も邪道だ。1球で負ける野球の怖さを、バッテリーは勉強しないといけない。

 クリーンアップが打点を挙げた3試合。だから余計に勝たなければならなかった。開幕30試合は勝率5割で構わない。ただし、それは常に先手打つベンチワークがあってこそだ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【黒田正宏 軍師の断】阪神、G3連戦「アレ?」と思う采配目立った