2018.4.1 05:02(1/2ページ)

あぁ桑原が…あぁ球児が…阪神、不安視されたリリーフ陣崩れ逆転負け

あぁ桑原が…あぁ球児が…阪神、不安視されたリリーフ陣崩れ逆転負け

特集:
藤川球児
七回に小林に勝ち越し打を浴びた桑原。今季1敗目を喫した(撮影・森本幸一)

七回に小林に勝ち越し打を浴びた桑原。今季1敗目を喫した(撮影・森本幸一)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人8-4阪神、2回戦、1勝1敗、31日、東京D)鉄壁のリリーフ陣が沈んだ。桑原、そして藤川が…。敗者の通路。黒星を喫した昨季の最優秀中継ぎ右腕は唇をかんだ。

 「失点しているので。次、頑張りたい」

 4-4の七回に桑原の出番が訪れた。先頭のマギーに左中間二塁打を浴びると、岡本に四球を与え、無死一、二塁。長野こそ一邪飛に仕留めたものの、伏兵の小林にやられた。得意の外角スライダーを中前にはじき返され、これが決勝点に。マウンド上で顔をゆがめた。

 1点ビハインドの八回に登板した球児も負の流れを断ち切れない。吉川尚に左翼線二塁打を許した後、細心の注意を払い、二死一、二塁まで持っていったが…。売り出し中の岡本への初球。外角フォークをジャストミートされた。

【続きを読む】

  • 藤川は八回、岡本(奥)に3ランを被弾
  • 7回、巨人・小林に適時打を浴びた阪神・桑原=東京ドーム(撮影・村本聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. あぁ桑原が…あぁ球児が…阪神、不安視されたリリーフ陣崩れ逆転負け