2018.3.31 08:00

【八木裕 神眼スコープ】阪神、ファーストストライク振って見事!菅野攻略

【八木裕 神眼スコープ】

阪神、ファーストストライク振って見事!菅野攻略

特集:
八木裕 神眼スコープ
2番・鳥谷が1安打

2番・鳥谷が1安打【拡大】

 (セ・リーグ、巨人1-5阪神、1回戦、阪神1勝、30日、東京D)最大のヒーローは、開幕という独特の雰囲気の中で、巨人打線を7回1失点に抑えたメッセンジャーだ。ただ、立ち上がりやや不安定なエースを立ち直らせたのは、間違いなく打線。見事な菅野攻略だった。

 ポイントは積極性。1人の打者に甘い球が1球くるかどうか、点を取るのが至難の好投手に対して、全員がファーストストライクから振っていった。その意図が全員に浸透していた。

 二回に福留が甘めの直球を左翼へ本塁打。チームに勇気を与えると、続く打者たちが積極性に加えて、食らいつくんだという姿勢を見せた。高山のヘッドスライディングによる内野安打も気持ちが入っていた証拠。この時の打球で、一塁走者・梅野がややスタートを遅らせて相手野手が捕球しにくくした走塁も隠れたファインプレーだった。

 特に評価したいのは大山。球種による打球の飛ぶ方向が、好調を示している。速球は中堅から右方向(三回の本塁打)、変化球は左方向(二回の左前打)。打撃練習から工夫していたことが実った。オープン戦の打撃状態は決して良くなかっただけに、開幕1試合だけとはいえ、先発野手全員安打は、チームとして自信にしていい。(サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  • 8番・梅野が1安打
  • 4番・ロサリオが1安打
  • 3番・糸井が1安打
  • 5番・福留が3安打
  • 6番・大山が2安打
  • 1番・高山が2安打
  • 7番・糸原が2安打
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【八木裕 神眼スコープ】阪神、ファーストストライク振って見事!菅野攻略