2018.3.29 09:00

相川亮二氏、今季のセ・パ順位を大予想

相川亮二氏、今季のセ・パ順位を大予想

特集:
相川亮二のインサイドワーク
相川氏予想順位

相川氏予想順位【拡大】

 プロ野球のペナントレースは30日に開幕。サンケイスポーツ専属評論家の相川亮二氏が今季のセ、パ順位を別表の通り、大予想した。

★セ・リーグ展望 選手層厚い広島

 広島は主力の多くが、故障のリスクが少ない年齢層。加えて選手層も厚く、絶対的といえる強さになってきた。3連覇を阻止するとしたら、巨人だろう。ブルペン陣はリーグで一番。競った試合ができて、打線が普通に機能すれば逆転勝ちが増えると思う。先発陣では3年目左腕の中川に期待する。菅野、田口の両輪に加え、中川と2年目右腕の畠がシーズンを通してローテーションを守れるようなら、優勝も十分にありうる。上位2チームと3位以下には、総合力で少し開きがある。

★パ・リーグ展望 3位以下は混戦

 故障者が何人出ても、ソフトバンクの優位は動かない。バックアップできる人材が豊富で、チーム力、選手層の厚さともに群を抜いている。簡単には転ばないだろう。対抗できるとすれば、打線が勝るとも劣らない西武だ。先発陣から野上が抜けたものの、FAの人的補償で高木勇を獲得できたので、大きなマイナスにはならない。セと同じく上位2チームの力が抜けていて、3位以下は混戦。どこにもAクラスの可能性はあるが、日本ハムは大谷と増井が抜けた穴が大きく、分が悪い。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 相川亮二氏、今季のセ・パ順位を大予想