2018.3.29 09:00

大久保博元氏、今季のセ・パ順位を大予想

大久保博元氏、今季のセ・パ順位を大予想

大久保氏予想順位

大久保氏予想順位【拡大】

 プロ野球のペナントレースは30日に開幕。サンケイスポーツ専属評論家の大久保博元氏が今季のセ、パ順位を別表の通り、大予想した。

★セ・リーグ展望 魅力あるG長打力

 巨人は坂本勇、ゲレーロ、マギー、阿部の中軸が本塁打を30本以上打つ力を持っている。やはり長打は魅力で、打線はリーグ一だ。投手は何人いてもいいから、上原の加入も大きい。戦力的には優勝しないといけないと思う。阪神は強いと感じるチームになった。大山が成長したし、後ろの投手陣がいい。六回までリードしていれば高勝率が望める。広島は河田、石井両コーチが抜けたことがマイナスに出るのではないか。新任のコーチに期待したいが、走塁面で経験の差が出そうだ。

★パ・リーグ展望 西武にVの意識

 西武には黄金時代を知る渡辺シニアディレクターがいて、「2位で満足しては駄目。日本一になって当然」という意識が選手にも浸透してきた。打線はソフトバンクと互角。投手陣は名前と投げているボールだけ見ればソフトバンクの方が上だが、彼らを束ねてきた佐藤投手コーチが楽天へ移籍したことが不安材料。“期待料込み”で、順位は「優勝したい」という意識が高い西武を上にした。楽天は、まだ体力不足。投手はそろっているものの、夏場以降の戦いに不安が残る。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 大久保博元氏、今季のセ・パ順位を大予想