2018.3.29 09:00

真中満氏、今季のセ・パ順位を大予想

真中満氏、今季のセ・パ順位を大予想

真中氏予想順位

真中氏予想順位【拡大】

 プロ野球のペナントレースは30日に開幕。サンケイスポーツ専属評論家の真中満氏が今季のセ、パ順位を別表の通り、大予想した。

★セ・リーグ展望 投手安定DeNA

 DeNAは投手陣の安定感がリーグ一。打線も宮崎が昨季、首位打者を獲得するなど、筒香頼みから脱却した。巨人は菅野、田口に続く先発投手陣に不安を残すものの、後ろがしっかりした。打線もゲレーロの加入が大きい。3連覇に挑む広島は、他球団のマークが昨季以上に厳しくなる。戦力の上積みがあるDeNAと巨人の方が、総合力で上とみる。ヤクルトは打線が投手陣をどれだけカバーできるか。阪神も先発陣に不安が残る。中日はこれから経験を積む選手が多い。

★パ・リーグ展望 ソフト安定感抜群

 投打ともに安定感抜群のソフトバンクの連覇を阻止するチームがあるとしたら、爆発力がある打線を持つ西武だろう。足も使えるし、ヤクルト監督時代に交流戦で対戦して最も嫌だった相手だ。エースの菊池が昨年まで相性が悪いソフトバンクに勝てるようになれば、相手はその分、苦しくなる。オリックスは先発陣の頭数がそろい、救援陣には増井が加わった。長打力のある吉田正がシーズンを通して出場できそうで、おもしろい存在。ロッテ、日本ハムは若手の台頭に期待する。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 真中満氏、今季のセ・パ順位を大予想