2018.3.29 09:00

若松勉氏、今季のセ・パ順位を大予想

若松勉氏、今季のセ・パ順位を大予想

若松氏予想順位

若松氏予想順位【拡大】

 プロ野球のペナントレースは30日に開幕。サンケイスポーツ専属評論家の若松勉氏が今季のセ、パ順位を別表の通り、大予想した。

★セ・リーグ展望 巨人救援陣はNo.1

 沢村が復帰し、上原が加わった巨人のリリーフ陣は、12球団ナンバーワン。先発陣も頭数はそろっており、六回から継投に入れる強みもある。ただ、打線は阿部が控えに回ると、左打者は吉川尚だけになる。右の好投手に対して後手を踏む心配がぬぐえない。広島も不安要素を抱えている。昨年頑張った投手陣に、疲労の色が感じられる。チームの精神的支柱、新井が故障で出遅れるのも痛い。ヤクルトを3位と予想したのは、青木の加入が大きいから。打線で投手陣をカバーしたい。

★パ・リーグ展望 オリは投打強力

 ソフトバンクの層の厚さは群を抜く。オープン戦では不調だったとはいえ、誰かが抜けても、レギュラーと遜色ない力を持つ選手が、取って代われる。守護神のサファテも盤石で、七回までリードして運べば、取りこぼしは少ない。オリックスは昨年から力をつけ、投打のバランスもよくなっている。パンチのある宗と吉田正が打線を引っ張り、T-岡田が奮起すれば強力だ。投手陣にも新人の田嶋とFA移籍の増井が加わった。金子と西の両輪だけではない、豊富な陣容が整った。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 若松勉氏、今季のセ・パ順位を大予想