2018.3.29 09:00

江本孟紀氏、今季のセ・パ順位を大予想

江本孟紀氏、今季のセ・パ順位を大予想

江本氏予想順位

江本氏予想順位【拡大】

 プロ野球のペナントレースは30日に開幕。サンケイスポーツ専属評論家の江本孟紀氏が今季のセ、パ順位を別表の通り、大予想した。

★セ・リーグ展望 星野さんのために

 『日本一早い順位予想』(1月30日付)と同じで優勝は阪神。元監督の星野仙一氏が1月に急逝した。日本人好みの「弔い合戦」をしてもらいたい。オープン戦は2勝12敗2分けで最下位だったが、昨年はレギュラーシーズン2位で、貯金は17もあった。ロサリオ加入で攻撃の軸はできそうだし、投手陣が出そろえば、なんとかなる。カギを握るのは巨人。高橋監督の期待通り、吉川尚と岡本が台頭。村田を戦力外にしたことで、チームに危機感が根付いてくれば、シメシメだろう。

★パ・リーグ展望 楽天も「弔い合戦」

 楽天は大黒柱の則本と、ペゲーロ、ウィーラー、アマダーの助っ人トリオが健在。順位は年々、6→5→3とステップアップしており、3位だった昨年も、夏場まで首位を走っていた。ソフトバンクがオープン戦で5勝10敗1分けと不調だったこともあり、サイクル的にも、環境的にも今年はチャンス大。なにより、1月に急逝した星野仙一氏は元監督で球団副会長だった。阪神同様、「弔い合戦」を期待したい。こちらも『日本一早い順位予想』(1月30日付)と同じ。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 江本孟紀氏、今季のセ・パ順位を大予想