2018.3.25 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】金本阪神3年目は「監督力」問われるシーズン OP戦のようなふがいない試合再現されると…

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

金本阪神3年目は「監督力」問われるシーズン OP戦のようなふがいない試合再現されると…

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
オープン戦は最下位に終わった金本監督。シーズン本番では“変わり身”を見せたい

オープン戦は最下位に終わった金本監督。シーズン本番では“変わり身”を見せたい【拡大】

 阪神・金本知憲監督(49)の「監督力」が問われるシーズンが始まります。阪神はオープン戦14試合消化時点で2勝11敗1分の勝率・154、12球団最下位です。指揮官は「別に関係ない」と平静を装っていますが、今週3月30日(金曜)の巨人戦(東京D)から始まる2018年シーズンで“変わり身”を見せることができますかね。生え抜きの若手育成を掲げ監督に就任してから4位、2位。暗黒時代とは違って、投打に駒はあります。選手起用、戦術、そしてビジョン…。監督としての力量、真価の問われる3年目の戦いがスタートします。

 最初に断っておきますよ。現在の阪神タイガースの戦力はあの暗黒時代とは雲泥の差です。毎年のように最下位に喘(あえ)いでいたあの頃。それでも中村勝広監督は責任を問われることもなく6年目のシーズン(途中休養)まで采配をふるいました。

 「彼は調整能力に優れている」と当時の久万オーナーは、中村監督の手腕を“別の角度”で高く評価していました。いくら負けてもマスコミと険悪にならない。いくら弱くても現場とフロントが喧嘩(けんか)をしない。それが優れた調整能力と評価されたのです。

 よくよく理由を突き詰めていくと、オーナーでさえ監督に責任を取らすことができないほど戦力層が薄く、潤沢にお金をかけてこなかった台所事情が見えてきます。つまり監督に責任を取らせると、そんなチーム造りしかできなかった阪神電鉄本社がファンから突き上げを食らうことが賢明なトップには見えていたのでしょう。

【続きを読む】

  • 23日のウエスタン・リーグ、中日戦を視察した坂井オーナー(右)。金本監督と戦況を見つめた
  • 25日のオリックス戦。ベンチで腕を組む金本監督
  • 藤浪は13日のヤクルトとのオープン戦で四回途中6失点。ベンチで腕組みする金本監督の期待に応えたいが…
  • 19日に行われたセ・リーグファンミーティングに出席した金本監督。開幕戦でぶつかる巨人・高橋監督と笑顔でトーク
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】金本阪神3年目は「監督力」問われるシーズン OP戦のようなふがいない試合再現されると…