2018.3.25 04:03(1/2ページ)

D1位ルーキー1番星!オリ・田嶋、「腕振って」虎斬り

D1位ルーキー1番星!オリ・田嶋、「腕振って」虎斬り

力投する田嶋。オープン戦最後の登板を6回2失点にまとめ、開幕2戦目の先発へ準備万端だ(撮影・村本聡)

力投する田嶋。オープン戦最後の登板を6回2失点にまとめ、開幕2戦目の先発へ準備万端だ(撮影・村本聡)【拡大】

 (オープン戦、阪神2-6オリックス、24日、京セラ)指揮官のゲキで、本来の自分を取り戻した。考えることはただ一つだけ。腕を振ること-。左腕を思いっきりしならせ、頭に浮かんだ雑念を振り払った。オリックス・田嶋が6回を4安打2失点。ゲーム中にフォームを修正し、12球団のドラ1で一番乗りの“プロ初勝利”を挙げた。

 「チームが勝てたことは良かったですけど、初回に点を取られてしまったので、野手の方にも負担をかけてしまった。投手の役割としてはゼロに抑えること。そこをしっかりやっていきたい」

 オープン戦3試合目の登板で、つかんだ初白星にも笑顔はない。反省点もある。立ち上がりに3安打を浴び、2失点。「どうやって打ち取ろう」「省エネしよう」と普段とは違う考えを抱いてしまい、「余計なことを考えて腕が振れなかった」と持ち味の躍動感が消えてしまった。

 先制点を許し、ベンチに戻ると福良監督から声をかけられた。「腕を振っていけ。後ろは気にせず、バテたらそこで代えるから、その回その回でいけ」と背中を押され、意識を変更。「腕を振って、自然と足も使えるようになった。あれが自分のスタイルですね」と直球で強気に攻める本来のスタイルを取り戻した。

【続きを読む】

  • 先発のオリックス・田嶋=京セラドーム大阪(撮影・村本聡)
  • 1回、登板するオリックス・田嶋=京セラドーム大阪(撮影・森本幸一)
  • 投球するオリックス・黒木=京セラドーム大阪(撮影・村本聡)
  • 投球するオリックス・小林=京セラドーム大阪(撮影・村本聡)
  • 2回、安打を放つオリックス・T-岡田=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 2回、2点本塁打を放つオリックス・吉田正=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  • 2回、2点本塁打を放つオリックス・吉田正=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. D1位ルーキー1番星!オリ・田嶋、「腕振って」虎斬り