2018.3.18 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】金本阪神の開幕構想に危険信号…ロサリオの打撃は他球団によって“丸裸” 投手陣も誤算続き

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

金本阪神の開幕構想に危険信号…ロサリオの打撃は他球団によって“丸裸” 投手陣も誤算続き

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
今年のオープン戦は白星から見放されている金本監督

今年のオープン戦は白星から見放されている金本監督【拡大】

 金本阪神の開幕構想に危険信号が点灯です。阪神は17日の中日戦(ナゴヤD)に2ー12と惨敗。これでオープン戦12試合2勝9敗1分の12位、つまり最下位です。たかがオープン戦と言うなかれ、質量ともにリーグ屈指と思われた投手陣に誤算続発。守備陣の乱れも止まる気配がなく、攻撃陣では新戦力ウィリン・ロサリオ内野手(29)が他球団によって“丸裸”にされ、本塁打ゾーンが完全分析されたのです。金本知憲監督(49)から焦りの声は漏れてきませんが、早く立て直さないとシーズン開幕(3月30日=巨人戦・東京D)は待ってくれません。

 最初は満足、安心、充実…。そんな雰囲気の中で春季キャンプを終えた金本阪神の様子がどうもおかしいですね。いや、おかしい…どころか、これは重大な危機です。

 オープン戦12試合を終了した時点で2勝9敗1分の勝率・182で12球団最下位。まさに後ろには誰もいません。たかがオープン戦? そんな空気がベンチにあるとすれば、もう救いはありません。

 金本監督はキャンプ終了時に「今年のチームは過去3年間の中で一番強い。採点は90点から95点です」と胸を張りましたね。昨季のキャンプ終了時の採点が「甘め」に付けて80点でしたから、指揮官の点数の大幅アップに球団幹部も大喜びでした。

 「優勝旅行はハワイに内定!!」

 3月上旬にはこんなとんでもない発言までスポーツ紙に掲載されましたね。

【続きを読む】

  • 開幕投手に内定しているメッセンジャー。投の大黒柱が金本阪神の命運を握っている
  • 17日、西武との緊急トレードで阪神に加入した岡本は入団会見でポーズ。頼んまっせ!
  • オープン戦で打撃不振に陥ったロサリオ。他球団のマークが厳しくなっている
  • 17日の中日戦でオープン戦1号放ったロサリオ(左)を満面の笑みで迎える金本監督。シーズンではこんなシーンをどんどん見たい!
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】金本阪神の開幕構想に危険信号…ロサリオの打撃は他球団によって“丸裸” 投手陣も誤算続き