2018.3.17 05:04(2/3ページ)

猛爆若虎祭12点!点火打&2ランの阪神・高山に金本監督「天才やな」

猛爆若虎祭12点!点火打&2ランの阪神・高山に金本監督「天才やな」

特集:
高山俊
高山を笑顔で出迎えた金本監督。こんな快勝をシーズンでも見たい

高山を笑顔で出迎えた金本監督。こんな快勝をシーズンでも見たい【拡大】

 霊峰富士の麓で、六甲おろしが吹き荒れた。沢村栄治もベーブルースも汗を流した静岡・草薙で虎打線が一気に開花。これまでの低迷がウソのように猛爆したのだから、金本監督の笑顔も咲き乱れた。

 「1軍枠、当落線上の選手がやる(活躍する)から…またアレやな。うれしい悲鳴ですね」

 楽天の先発は開幕を務めるエース則本。一方、阪神は主力が甲子園に居残った。17日の中日戦(ナゴヤドーム)からはベストに近いメンバーで臨むとあって、当落線上の若虎にとってはラストチャンスだったが、20安打12得点。指揮官から「天才やな」と誉められた高山のバットで、ビッグイニングが始まった。

 4-1の七回無死。2番手右腕・宋家豪(ソン・チャーホウ)の内角146キロを鋭く右前へ。そして、9点リードとした二死二塁でも右翼席にオープン戦1号2ランを放り込み、トドメを刺した。肌寒さを吹き飛ばす1イニング8得点だ。

 中堅のレギュラー争いで、これまで昨季20発を放った中谷が一歩リードと見られていた。危機感が力みにつながり、快音が出ない。右肩の開きも早く、速球にタイミングが遅れてしまうため、3月初旬には「長打禁止令」が出された。それが功を奏し、2016年新人王の輝きが戻ってきた。

 その1年目は8本塁打をマーク。「(浜風のある)甲子園(を本拠地)で8本というのは大したもんだからね。もっているんだから」と指揮官。決して一発を狙っているわけではない。あくまでもヒットの延長。鉄人が「天才」と呼ぶゆえんは、そこにあった。

【続きを読む】

  • 七回、トドメの2ランを放った高山。一挙8点のビッグイニングを演出だ(撮影・森本幸一)
  • 7回、先頭打者の阪神・高山俊は右前打を放つ=16日午後、静岡市駿河区・県営草薙運動公園野球場(撮影・大橋純人)
  • 7回、阪神・高山が本塁打を放つ=草薙総合運動場硬式野球場(撮影・村本聡)
  • 5回、2点適時二塁打を放った阪神・糸原=草薙総合運動場硬式野球場(撮影・森本幸一)
  • 7回、阪神・大山が適時二塁打を放つ=草薙総合運動場硬式野球場(撮影・村本聡)
  • 6回、阪神・梅野が適時二塁打を放つ=草薙総合運動場硬式野球場(撮影・村本聡)
  • 6回、阪神・原口が二塁打を放つ=草薙総合運動場硬式野球場(撮影・村本聡)
  • 5回、阪神・糸原が適時二塁打を放ち、生還した原口はメッセンジャーとタッチを交わす=草薙総合運動場硬式野球場(撮影・村本聡)
  • 6回、阪神・伊藤隼が本塁打を放つ=草薙総合運動場硬式野球場(撮影・村本聡)
  • 5回、適時二塁打を放つ阪神・糸原=静岡(撮影・村本聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 猛爆若虎祭12点!点火打&2ランの阪神・高山に金本監督「天才やな」