2018.3.15 05:02

オリ・宗、OP戦トップタイ4号!憧れイチローに「追いつけ追い越せ」

オリ・宗、OP戦トップタイ4号!憧れイチローに「追いつけ追い越せ」

五回に左翼へ一発を放つ宗。はやオープン戦4号だ

五回に左翼へ一発を放つ宗。はやオープン戦4号だ【拡大】

 (オープン戦、ロッテ4-5オリックス、14日、ゾゾマリン)白球は幕張の逆風を切り裂き、左翼フェンスをギリギリ越えた。オリックス・宗は驚いた表情を浮かべて、二塁手前でスピードダウン。高卒4年目、売り出し中の左打ちの若手が、ゲレーロと並ぶオープン戦トップの4号だ。

 「入るとは思わなかったので、驚きました。レフトフライかなと思っていたんですけど」

 本人にとっても意外な一発は1-0の五回二死だ。3-1から5球目、左腕・永野の外角高め142キロをフルスイング。逆方向へ運んだ一発を福良監督も「しっかり振り切っているから、あの打球になった」と評価した。

 すでに開幕「1番・中堅」は内定。だが、安心はしない。オープン戦8試合で4本目のアーチにも、宗は「シーズンで出るように」と冷静。常に高みを目指し、憧れのイチロー(米大リーグ、マリナーズ)に対しても「追いつけ追い越せで、負けないようにと思っている。しっかり自分を出していきたい」と負けん気を見せた。

 今年6月で22歳。まだまだ売り出し中だが、一気にスター街道を駆け上がってみせる。 (西垣戸理大)

試合結果へオープン戦日程へ

  • 5回、本塁打を放った宗を迎えるオリックス・福良監督(中央)=ZOZOマリン
  • 5回、本塁打を放ち、三塁コーチ(左)とタッチを交わすオリックス・宗=ZOZOマリン
  • ロッテ戦に先発し、5回無失点だったオリックス・アルバース=ZOZOマリン
  • 8回、適時三塁打を放つオリックス・伊藤=ZOZOマリン(撮影・高橋朋彦)
  • 7回、適時打を放つオリックス・吉田正=ZOZOマリン(撮影・高橋朋彦)
  • 先発のオリックス・アルバース=ZOZOマリン(撮影・高橋朋彦)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリ・宗、OP戦トップタイ4号!憧れイチローに「追いつけ追い越せ」