2018.3.14 20:37

巨人・山口俊は6回2失点 最速151キロで「イニングを重ねるごとに状態が上がってきた」

巨人・山口俊は6回2失点 最速151キロで「イニングを重ねるごとに状態が上がってきた」

投球する巨人・山口俊=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)

投球する巨人・山口俊=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)【拡大】

 (オープン戦、ソフトバンク-巨人、14日、ヤフオクD)巨人・山口俊が、ソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクドーム)に先発し、6回4安打2失点だった。直球の最速は151キロを計測。二回までに2失点したが、三回以降は被安打1で無失点だった。

 「(序盤は)力感なく、どれだけ強い球を投げられるかを意識していたが、フォームなりの球しか投げられなかったので打たれました。イニングを重ねるごとに状態が上がってきた。球数(88球)を少なく投げられました。この球数なら完投もいけると思います。カーブでカウントを稼げれば投球が楽になるという手応えを感じました。時期が時期なのでソフトバンク打線がどうこうではなく、しっかり自分の投球ができればいいのかなと思います」と振り返った。

試合結果へオープン戦日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・山口俊は6回2失点 最速151キロで「イニングを重ねるごとに状態が上がってきた」