2018.3.14 05:03(1/2ページ)

オリックス・宗、躍る!2安打2盗塁で開幕1番センター確

オリックス・宗、躍る!2安打2盗塁で開幕1番センター確

1番を任された宗は一回、投手強襲の内野安打で出塁(撮影・高橋朋彦)

1番を任された宗は一回、投手強襲の内野安打で出塁(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 (オープン戦、ロッテ4-2オリックス、13日、ゾゾマリン)バットで、足で、指揮官をうならせた。オリックス・宗が猛アピール。4打数2安打2盗塁と存在感を見せ、開幕「1番・中堅」の座をほぼ手中に収めた。

 「1番打者なので、塁に出られてよかった。結果的に先制点につながってよかった」

 表情は引き締めたまま、手応えを口にした。見せ場はまず、一回の先頭だ。快足を生かした投手強襲の内野安打で出塁。続く打者の初球ですぐさまスタートを切り、二塁を陥れた。その後、一死三塁から吉田正の二ゴロで生還。1番打者の役割を果たした。

【続きを読む】

  • 一回の先制につながる二盗だけでなく、宗は八回にも二盗を決めた
  • 8回、安打を放つオリックス・宗=ZOZOマリン(撮影・高橋朋彦)
  • 1回、内野安打を放つオリックス・宗=ZOZOマリン(撮影・高橋朋彦)
  • 3番手で登板したオリックス・ディクソン=ZOZOマリン(撮影・高橋朋彦)
  • 4回、この回に3失点し降板するオリックス・金子(中央)=ZOZOマリン
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス・宗、躍る!2安打2盗塁で開幕1番センター確