2018.3.13 18:45

4回2失点のロッテ・石川、試合の中で投球フォーム修正「ある程度いい状態」

4回2失点のロッテ・石川、試合の中で投球フォーム修正「ある程度いい状態」

先発のロッテ・石川=ZOZOマリン(撮影・高橋朋彦)

先発のロッテ・石川=ZOZOマリン(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 (オープン戦、ロッテ4-2オリックス、13日、ゾゾマリン)ロッテの石川が先発して4回2安打2失点だった。涌井と並ぶエース級の働きが求められている右腕。試合の中で投球フォームを修正し「ある程度いい状態。この感じを継続してやりたい」と語った。

 一、二回に先頭打者を安打で出し、ともに内野ゴロの間に1点ずつ取られた。「三回から投げ方を変えた」と言うように、残りの2イニングはコントロールが改善され、走者を許さなかった。「球速は出ないけれど、こっちかな」と話し、修正したフォームがシーズン仕様になりそうだ。

平沢(2安打1打点)「下半身を使って打つフォームが身になってきた段階。今、(レギュラー争いに)負けたら次はないと思ってやっている」

試合結果へオープン戦日程へ

  • 6回、石川(左から2人目)とタッチしてベンチへ戻るロッテ・二木=ZOZOマリン
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. 4回2失点のロッテ・石川、試合の中で投球フォーム修正「ある程度いい状態」