2018.3.13 17:44

西武・森、攻守に存在感「スチール刺せたのは自信につながる」

西武・森、攻守に存在感「スチール刺せたのは自信につながる」

4回、西武・森が右翼線に二塁打を放つ=小牧

4回、西武・森が右翼線に二塁打を放つ=小牧【拡大】

 (オープン戦、中日2-0西武、13日、小牧)西武の森が「5番・捕手」で先発出場し、攻守に存在感を発揮した。打撃では四回に二塁打を放ち、守備でも2度盗塁を阻止して十亀を助けた。「感覚は良くなっているし、スチールを刺せたのは自信につながる」と好調を維持しているようだ。

 昨季は開幕前に左肘を骨折し、わずか38試合の出場に終わった。今後は投手との相性をみて炭谷と交互で起用される見込みだが「キャンプでもいろいろやってきたし、後はアピールするだけ」と貪欲に話した。

西武・土肥投手コーチ(先発した十亀について)「心配いらないね。安定した内容だった。カーブの抜け方もいい」

試合結果へオープン戦日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・森、攻守に存在感「スチール刺せたのは自信につながる」