2018.3.13 16:52

中央学院が光明相模原に連勝、エース大谷2打席連続弾

中央学院が光明相模原に連勝、エース大谷2打席連続弾

第1打席で中越えソロ本塁打を放った中央学院・大谷(撮影・赤堀宏幸)

第1打席で中越えソロ本塁打を放った中央学院・大谷(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 今春の選抜高校野球(23日開幕、甲子園)に初出場する中央学院(千葉)が13日、千葉・我孫子市のグラウンドで光明相模原(神奈川)と練習試合を行い、第1試合は8-2、第2試合は6-5(六回で打ち切り)と連勝した。

 昨秋関東大会優勝校の中央学院は、エース右腕・大谷拓海投手(新3年)が4番右翼手で先発出場し、第1打席に中越えソロ本塁打、第2打席には2打席連続となるソロを右中間に運び、リード。六回からマウンドに立ち、2回2安打2奪三振無失点に抑えた。

 相馬幸樹監督は、「春からの練習試合で打撃の調子がよくなかった大谷がいいスイングができるようになった」と大阪へ出発前の好打に笑顔を見せた。

  • 第1打席で中越えソロ本塁打を放った中央学院・大谷(撮影・赤堀宏幸)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 中央学院が光明相模原に連勝、エース大谷2打席連続弾