2018.3.13 10:00

大谷の同級生の日本製紙石巻・小原が0封/東北スポーツ

大谷の同級生の日本製紙石巻・小原が0封/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
日本製紙石巻・小原大樹投手は、日立戦に登板した(撮影・赤堀宏幸)

日本製紙石巻・小原大樹投手は、日立戦に登板した(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 日本製紙石巻は12日、社会人野球東京大会のリーグ戦2戦目、日立製作所戦で延長十回タイブレークの末に2-4で敗退した。花巻東高(岩手)時代に大谷(米エンゼルス)と同級生だった左腕・小原が2番手で登板。最速141キロの直球と変化球をまじえ1回2/3を無安打無失点に抑え2三振を奪った。「昨年は何もできなかったので、今年はと思っている」。慶大卒でドラフト解禁となる2年目での飛躍を誓った。(神宮)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. アマ野球
  4. 大谷の同級生の日本製紙石巻・小原が0封/東北スポーツ