2018.3.12 05:02

貧打タカ試合後叱られた…パ球団相手、4戦勝ちなし

貧打タカ試合後叱られた…パ球団相手、4戦勝ちなし

交代を告げベンチに戻るソフトバンク・工藤監督=北九州市民球場(撮影・仲道裕司)

交代を告げベンチに戻るソフトバンク・工藤監督=北九州市民球場(撮影・仲道裕司)【拡大】

 (オープン戦、ソフトバンク1-2ロッテ、11日、北九州)適時打どころか進塁打も生まれない。1分けを挟んで3連敗となったソフトバンク・工藤監督は打線に苦言を呈した。

 「打つ方を上げていってもらわないと。変化球への対応が悪い」

 六回無死三塁で上林が投ゴロ。続く吉村も空振り三振に倒れ、そのまま無得点。七回も無死一、二塁から西田、曽根、福田が3者連続三振に終わるなど、暴投で1点が入っただけという寂しい攻撃で敗れた。

 この4試合、本塁打以外の得点はすべて相手のミスだ。パ・リーグのチームとの対戦で3敗1分け。藤本打撃コーチは「1点を取りにいく野球ができていない。活を入れた」と、試合後に攻撃陣を叱った。

 東日本大震災が発生した3月11日。楽天出身の西田は「そういう日に試合に出られたのはいいけど。僕が最初に何もできず、点が取れない流れをつくってしまった」と猛省。仙台育英高OBの上林も「内野ゴロで1点と思ったら、投ゴロになってしまった」と、東北に勇気を届けることができなかったことを悔しがった。まだ内川、デスパイネら主軸が不在だが、強さの象徴である層の厚さを生むメンバーに元気がない。(安藤理)

試合結果へオープン戦日程へ

  • 9回、安打を放つソフトバンク・甲斐=北九州市民球場(撮影・仲道裕司)
  • 投球するソフトバンク・嘉弥真=北九州市民球場(撮影・仲道裕司)
  • 投球するソフトバンク・田中=北九州市民球場(撮影・仲道裕司)
  • 6回、三塁打を放つソフトバンク・柳田=北九州市民球場(撮影・仲道裕司)
  • 投球するソフトバンク・加治屋=北九州市民球場(撮影・仲道裕司)
  • 投球するソフトバンク・武田=北九州市民球場(撮影・仲道裕司)
  • 投球するソフトバンク・武田=北九州市民球場(撮影・仲道裕司)
  • 黙祷をするソフトバンクの選手ら=北九州市民球場(撮影・仲道裕司)
  • 募金活動をするソフトバンク・柳田(左)とロッテ・涌井=北九州市民球場(撮影・仲道裕司)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. 貧打タカ試合後叱られた…パ球団相手、4戦勝ちなし