2018.3.11 05:00(1/3ページ)

【虎のソナタ】なんたる偶然…スコア「1001(仙一)」

【虎のソナタ】

なんたる偶然…スコア「1001(仙一)」

特集:
虎のソナタ
なんたる偶然。阪神の得点は一回と四回で1001(仙一)

なんたる偶然。阪神の得点は一回と四回で1001(仙一)【拡大】

 (オープン戦、阪神2-2中日=九回規定により引き分け、10日、甲子園)こんなにも春を感じさせる甲子園。朝の8時50分頃、球場前には多くのファンの列ができていた。『元阪神タイガース監督星野仙一氏の追悼試合』の献花台の前には長い列…編集委員上田雅昭もその中にソッと並んだ。フトみると阪神球団村山久代広報課長もひっそりと立っていた。誰もが星野仙一の少年のような笑顔の写真をみると胸が熱くなる…。

 わずか2年間。だがそれは「人間愛」がほとばしっていた。だから…村山さんも上田もただ静かにたたずみ、一ファンとして花をそえた。

 「おまえらッ、何やってんだ!」

 1973(昭和48)年10月20日の中日球場。この試合に阪神が勝てば優勝。巨人のV9を阻止できるという試合に中日は星野仙一が先発。阪神は…誰もが中日キラーの上田二朗(サンケイスポーツ専属評論家)を想定していたが、先発したのは江夏豊…結果的にこの試合は江夏が失点して…その試合中に球場横を巨人軍をのせた新幹線が走りすぎて…という明暗ドラマ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【虎のソナタ】なんたる偶然…スコア「1001(仙一)」