2018.3.10 08:00

【黒田正宏 軍師の断】阪神・メッセ、開幕心配ない

【黒田正宏 軍師の断】

阪神・メッセ、開幕心配ない

特集:
黒田正宏 軍師の断
二回以降は立ち直ったメッセンジャー

二回以降は立ち直ったメッセンジャー【拡大】

 (オープン戦、阪神2-5中日、9日、甲子園)立ち上がりのメッセンジャーは、試しながら投げた直球、変化球がともにキレがなかった。その分、芯でとらえられるケースが多く、打球がヒットゾーンに飛んでいた印象だ。梅野のリードも直球から入るパターンで、対する中日打線も早打ち。フォーク、カーブなどを投げる間もなく打たれてしまった。

 ただ二、三回は力を入れて投げ始めて、体の開き具合など、修正して投球したのだろう。しっかり抑え込んだのさすが。3回を投げて無四球に、メッセンジャーらしさが垣間見えた。故障明けの初登板だったが、見ている限りで違和感は感じなかったし、現時点ではそう心配はいらないだろう。ポイントは投げた翌日。一夜明けて、右肩の状態がどうか。

 メッセンジャー級の経験を持つ投手なら、開幕前の登板は3試合で十分。次回は17日の中日戦(ナゴヤドーム)、その後は23日のオリックス戦(京セラ)、そして開幕(30日)を目指すスケジュールが濃厚だろう。開幕前2試合をドームで投げられるのも好都合。1試合打たれたからといって、不安視する必要はない。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へオープン戦日程へ

  • 一回、モヤの打球はメッセンジャーの臀部付近へ。いきなり4失点とは…(撮影・森本幸一)
  • 3回4失点でベンチに引き揚げるメッセンジャー。開幕戦は頼んまっせ!
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【黒田正宏 軍師の断】阪神・メッセ、開幕心配ない