2018.3.8 05:03(1/2ページ)

阪神・小野、斧フォークで筒香K斬り5回0封!実戦5戦14回で防御率0・00

阪神・小野、斧フォークで筒香K斬り5回0封!実戦5戦14回で防御率0・00

四回、腕をしならせて、フォークを投げる小野。ローテ入りへ前進だ(撮影・山田喜貴)

四回、腕をしならせて、フォークを投げる小野。ローテ入りへ前進だ(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (オープン戦、阪神1-3DeNA、7日、甲子園)意のままに落とした。小野が「0」を並べ続けて、開幕ローテ争いのレベルをまたグッと引き上げた。ホームプレートからわずかに捕手寄りの黒土をえぐれば、筒香のバットでも届かない。ニッポンの主砲斬りから、圧巻の5回0封だ。

 「追い込んでからのフォークが、いいところで落ちて空振りを取れた。去年はストライクゾーンへ抜ける球が多かったんですけど、それが1球もなかった。強打者を抑えていかないと、試合にも勝てないと思うので」

 一回二死。3番の筒香をカウント2-2と追い込み、133キロフォークで空振り三振を奪った。白線を踏まないようにしつつ小走りし、涼しい顔でベンチへ戻ると、そこから快投を続けた。二回一死から宮崎に右前打を許したが、続くソトを投ゴロ併殺。三回先頭の楠本には左前打されたが、ここも三振ゲッツーで難を逃れた。筒香は2打席目もフォークで力ない遊飛に打ち取り、5回を打者15人、2安打無失点。これで今春の実戦5戦で計14回を投げ、防御率は堂々の「0・00」だ。

 香田投手コーチも「きのう(6日)投げた藤浪と才木も、3人でいい競争をしてくれている。レベルも上がってくるだろうし、うれしいですね」と頬を緩めた。昨季までの金本政権2年間は、中谷、高山、大山ら若手野手の台頭が目立ったが、一方で投手は藤浪、岩貞らの奮起が頼みだった。だが、この春は違う。すくすく、ノビノビとそれぞれが実力を伸ばしながら、個性を見せつけ合い結果も残している。

【続きを読む】

  • 一回、小野はフォークで筒香(打席)を空振り三振
  • 阪神・小野の実戦登板成績
  • 阪神先発候補の実戦成績
  • 3回、投球する阪神・小野=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 1回、投球する阪神・小野=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 2回を終え、阪神・長坂(左)と笑顔でタッチする小野=兵庫県西宮市の甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 阪神の先発・小野=甲子園球場(撮影・門井聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・小野、斧フォークで筒香K斬り5回0封!実戦5戦14回で防御率0・00