2018.3.8 08:54(1/4ページ)

【入団会見一問一答】マ軍復帰のイチロー「いろんなことに耐えられるんじゃないかって思っています」

【入団会見一問一答】

マ軍復帰のイチロー「いろんなことに耐えられるんじゃないかって思っています」

特集:
イチロー
記者会見でユニフォーム手に笑顔のイチロー(左はディポトGM)=アリゾナ州ピオリア(撮影・リョウ薮下)

記者会見でユニフォーム手に笑顔のイチロー(左はディポトGM)=アリゾナ州ピオリア(撮影・リョウ薮下)【拡大】

 米大リーグ、マリナーズに6シーズンぶりに復帰したイチロー外野手(44)が米国時間7日(日本時間8日)、アリゾナ州ピオリアの球団施設で記者会見に臨んだ。以下は一問一答。

--シアトルに戻った心境は

 「2012年7月にシアトルにサヨナラを告げてその後、ニューヨーク(ヤンキース)、マイアミ(マーリンズ)、5年半が過ぎたんですけど、その間も僕の家はシアトルにあって、ニューヨークから家に帰る時も必ずシアトルの景色を見ながら家に帰る。マイアミからもそうでした。いずれまた、このユニホームを着てプレーしたい、という気持ちが僕のどこかに常にあったんですけど、それを自分から表現することはできませんでした。それは5年半前のことが常に頭にあったので、戻ってきてくれっていう言葉は僕の周りでたくさん聞いたんですけども、それを僕は聞き流すことしかできなかったんですね。でも、こういう形でまたこのシアトルのユニホームを着てプレーする機会をいただいたこと、2001年にメジャーリーグでプレーすることが決まった時とは全く違う感情が生まれました。とてもハッピーです」

--5年半前と比べて変わった点は

 「いろいろなことを経験しました、この5年半。また耐性が強くなったと思います。耐性というのは色々なことに耐える能力が明らかに強くなったと感じています。選手としての能力に関しては今はそれが数字で分かる時代なので、みなさんの方がよくご存じだと思いますけど、その点で明らかに5年前とは違うと言えると思います」

--背番号の年齢までプレーしたいという話を聞いたことがある。今回の契約はどんな意味をもつ

 「みなさん、よく50歳までという話をされることが多いかと思いますけど、僕は最低50歳まで、といつも言っているので。そこは誤解しないでほしいですね」

--昨年4月のシアトルでの最終打席で本塁打。あの打席が最後になるかもしれないと思ったことは

 「あの時、シアトルでの最後の打席と言われたことは確かにありました。でも僕はいずれ戻ってきてプレーをしたいと、できるんではないか、と、全く根拠がなかったですけど、そう思っていました。今思うことは、こういう形で戻ってきて、シアトルのファンの方々に『おかえり』と心から言ってもらえるような自分でありたいなというふうに、それをできるかどうかは僕次第なので日々、励みたいと思います」

【続きを読む】

  • 記者会見に笑顔で登場したイチロー=アリゾナ州ピオリア(撮影・リョウ薮下)
  • マリナーズ・カムバックの記者会見で笑顔を見せるイチロー=アリゾナ州ピオリア(撮影・リョウ薮下)
  • マリナーズ・カムバックの記者会見に臨むイチローに視線向けるサービス監督(左)=アリゾナ州ピオリア(撮影・リョウ薮下)
  • 会見を終えカートで会場を後にするイチロー。球場ビジョンには”おかえりイチロー”=アリゾナ州ピオリア(撮影・リョウ薮下)
  • 会見を終え、キャンプ施設で岩隈(右端)らと談笑したイチロー(左)=アリゾナ州ピオリア(撮影・リョウ薮下)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【入団会見一問一答】マ軍復帰のイチロー「いろんなことに耐えられるんじゃないかって思っています」