2018.3.8 08:00

【相川亮二のインサイドワーク】若手G戦士に見えた収穫と課題

【相川亮二のインサイドワーク】

若手G戦士に見えた収穫と課題

特集:
相川亮二のインサイドワーク
1回、吉川光夫の二塁への送球を捕れなかった巨人・若林晃弘(右) 走者・荻野貴司 =7日午後、千葉市美浜区・ZOZOマリンスタジアム (撮影・大橋純人)

1回、吉川光夫の二塁への送球を捕れなかった巨人・若林晃弘(右) 走者・荻野貴司 =7日午後、千葉市美浜区・ZOZOマリンスタジアム (撮影・大橋純人)【拡大】

 (オープン戦、ロッテ4-10巨人、7日、ゾゾマリン)巨人の若手に収穫と課題が見えた。

 収穫は、準備ができた上での積極的な打撃だ。

 ロッテ・オルモスの制球が定まらない一回。先頭の吉川尚が初球のストレートを安打。四球、敵失、安打のあと、岡本も初球のストレートを振った。これがファウルになり、ボール2つを挟んで4球目。やはりストレートを右前打。若林も1ボールのあと、ストレートをファウル。続くストレートを右犠飛にした。

 立ち上がり、制球が悪い投手に対すると、「ボールに手を出して相手を助けたらもったいない」という心理が働き、「待球」に傾きがちになる。その状況で、ファーストストライクのストレートに対応するのは、簡単そうで難しい。結果を恐れず、しっかり準備して、強いスイングで打てたところに、成長を感じる。

 守備では課題アリ。

 一回無死一塁で、岡田の投ゴロを処理した吉川光が、二塁に低投すると、遊撃の若林が捕球できず、無死一、二塁とピンチを広げた。5点を先制した直後だ。岡田が俊足の左打者であることを考えれば、送球がそれた時点で併殺狙いはあきらめ、確実に二封で1アウトを取るべきだった。

 直後、中村の左飛を捕ったゲレーロの返球を、三塁・田中俊がファウルグラウンドに弾き、2者の進塁を許した。下がってから捕るのか、体に当てて止めるのか、どっちつかずのままだった。

 守備ではいずれも、状況判断、予測、準備が不足していた。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へオープン戦日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【相川亮二のインサイドワーク】若手G戦士に見えた収穫と課題