2018.3.7 05:03(1/2ページ)

阪神・藤浪、三回まで完全!死球から3失点も 開幕ローテへ“問題なし”

阪神・藤浪、三回まで完全!死球から3失点も 開幕ローテへ“問題なし”

特集:
藤浪晋太郎
課題の立ち上がりを克服し、三回までは完全投球だった藤浪

課題の立ち上がりを克服し、三回までは完全投球だった藤浪【拡大】

 (オープン戦、阪神3-5DeNA、6日、甲子園)変わった姿を、ここから見せ続けていく。肌寒い聖地の中心で、藤浪が大きな一歩を踏み出した。主力を揃えたDeNA打線に、三回まで完全投球。手痛い一発は浴びたが、開幕ローテへ“問題なし”を証明した。

 「あれぐらいすんなり入れれば、いい形で試合にも入っていけるでしょうし、ゲームの流れとしても、いい感じで投げられる。今後もああいう感じで投げられるようにしていきたいです」

 今季初の甲子園でのゲーム。だれより大きな声援を背中に受けて真っさらなマウンドに立つと、いきなり魅せた。一回先頭の桑原を3球三振。昨季までの同僚、大和は二ゴロ。そして主砲の筒香には直球勝負を挑み、4球目の151キロでズバッと見逃し三振だ。

 昨季までの課題だった立ち上がり。1/3回、9球を投げて降雨ノーゲームとなった2月25日の中日戦(北谷)に続く順調な滑り出しで、三回まで打者9人を、6奪三振で片付けた。

 藤浪をローテ残り3枠の「筆頭候補」としている金本監督も、「捕手に聞いたら『いい球がきていた』『強い球がきていた』と言うし。死球1つやろ? ま、あのぐらいのコントロールで強い真っすぐで、よくなっているんじゃないかな」と合格点だ。四回一死から大和の死球を発端に、筒香に左前打、ロペスに3ラン。終わってみれば4回2安打3失点だが、最速152キロ、開幕へつながる56球だった。

【続きを読む】

  • 1回、見逃し三振のDeNA・筒香投手は阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 1回を3人に抑えた阪神・藤浪(右)と梅野=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 阪神・藤浪の球団別成績
  • 1回、DeNA・桑原との対戦の前にロージンをつける阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 4回、DeNA・ロペスに3点本塁打を打たれた阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 1回、投球する阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 4回、ベンチに戻り山田コーチと話す阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・藤浪、三回まで完全!死球から3失点も 開幕ローテへ“問題なし”