2018.3.5 05:03(1/2ページ)

中堅虎視“単々”!阪神・高山、長打狙い禁止令で即2安打

中堅虎視“単々”!阪神・高山、長打狙い禁止令で即2安打

特集:
高山俊
九回、左腕のモイネロから左前へ巧打した高山。“らしさ”が戻ってきた(撮影・門井聡)

九回、左腕のモイネロから左前へ巧打した高山。“らしさ”が戻ってきた(撮影・門井聡)【拡大】

 (オープン戦、ソフトバンク6-4阪神、4日、ヤフオクD)春の玄界灘に訪れるマダイのように、高山がピチピチと勢いを取り戻してきた。毎年のように鷹投にキリキリ舞いさせられる博多で中堅争いが激化。2016年新人王を忘れてもらっては困る!

 「頑張ります。(手応えは)まだまだです」

 スーツ姿に着替えると短い言葉に力を込めた。

 虎の意地をみせた九回の3得点。一死から風穴をあけたのは2試合連続で「9番」に入った高山だった。昨季34試合に登板したキューバ出身左腕・モイネロの140キロ直球を逆らわず、鋭く左前へ運ぶ。二進後、糸原の右翼線二塁打で2点目のホームを踏んだ。

 五回一死一塁でも田中から中前にはじき返し、オープン戦自身初のマルチ安打。金本監督は「きょうは高山が一番よかったな」と目を細め、復調の背景に、ある“命令”をしたことを明かした。

 「きょうから、長打狙い禁止令を出した。結果的に長打になるのはいいけど、力みが激しかったからね。力みからくるバランスの乱れというのがあったから。練習はしっかり振らないとあかんけど、試合では7割ぐらいの感じで」

 タイミングがどうしても遅れてしまう。右肩の開きが早すぎて、変化球にも泳いでしまう。これらの悪癖を指揮官と片岡ヘッド兼打撃コーチで分析し、原因が力みとあぶり出したという。

【続きを読む】

  • 8回を3人で抑え、高山(右)とハイタッチする阪神・岩貞=ヤフオクドーム(撮影・門井聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 中堅虎視“単々”!阪神・高山、長打狙い禁止令で即2安打