2018.3.5 08:00

【相川亮二のインサイドワーク】ヤクルトに変化の兆しがひしひしと

【相川亮二のインサイドワーク】

ヤクルトに変化の兆しがひしひしと

特集:
相川亮二のインサイドワーク
先制弾に会心の笑み。仲間に迎えられ、口元を緩めた(撮影・大橋純人)

先制弾に会心の笑み。仲間に迎えられ、口元を緩めた(撮影・大橋純人)【拡大】

 (オープン戦、巨人8-1ヤクルト、4日、東京D)ヤクルトから、「変わろう」という強い意識が、ひしひしと伝わってきた。見落としがちな、何気ない動きの中に、それが表れていた。

 ルーキーの大下が登板した四回だ。

 一死から吉川尚に二盗を許すと、二塁の山田哲が、走者を目で抑えるよう、ジェスチャーで大下に伝達。二死後、打席に阿部を迎えると、一塁の畠山も、ベースカバーを忘れないよう、身ぶり手ぶりで指示していた。

 左翼のバレンティンも、中堅・青木が飛球を処理した際、しっかりとカバーに回っている。一回に三ゴロに倒れたときも、全力疾走した。

 シチュエーションに応じ、それぞれがやるべきことを、きめ細かく、ソツなく、こなしていた。

 プロだから、当然といえば当然だ。しかし、個人の調整段階でもあるオープン戦では、意外と難しいことも事実だ。

 主力、ベテラン、そして、怠りがちな助っ人にまで、小川監督と宮本ヘッドコーチらの指導が浸透している。チーム全体が意識を共有している。今年のヤクルトには、間違いなく変化の兆しがある。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へオープン戦日程へ

  • 4回、2番手で登板したヤクルト・大下=東京ドーム(撮影・大橋純人)
  • バレンティンが絶好調だ。四回、外めの球を腕を伸ばして捉えた(撮影・吉澤良太)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 【相川亮二のインサイドワーク】ヤクルトに変化の兆しがひしひしと