2018.3.5 05:04(1/3ページ)

オレが4番弾!燕・バレ、OP戦3発&・545「しっくりくるスイング」

オレが4番弾!燕・バレ、OP戦3発&・545「しっくりくるスイング」

バレンティンが絶好調だ。四回、外めの球を腕を伸ばして捉えた(撮影・吉澤良太)

バレンティンが絶好調だ。四回、外めの球を腕を伸ばして捉えた(撮影・吉澤良太)【拡大】

 (オープン戦、巨人8-1ヤクルト、4日、東京D)ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(33)は4日、巨人とのオープン戦(東京ドーム)に「4番・左翼」で先発出場し、四回に山口俊投手(30)から3号ソロを放った。オープン戦4試合で3本塁打と好調を維持。前日は青木宣親外野手(36)が4番起用されて可能性を示したが、主砲としての存在感を発揮した。巨人・沢村拓一投手(29)は、1年ぶりの1軍登板を果たし、1回を3者凡退に抑えて完全復活をアピールした。

【続きを読む】

  • 先制弾に会心の笑み。仲間に迎えられ、口元を緩めた(撮影・大橋純人)
  • 4回、ソロ本塁打を放ったヤクルト・バレンティンはファンの声援に応える=東京ドーム(撮影・吉澤良太)
  • 4回、先制本塁打を放ったヤクルト・バレンティン=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 4回、先制ソロ本塁打を放つヤクルト・バレンティン(右)=東京ドーム(撮影・吉澤良太)
  • 7回右飛に倒れるヤクルト・畠山(中央)=東京ドーム(撮影・吉澤良太)
  • 7回空振り三振に倒れるヤクルト・山崎(左)=東京ドーム(撮影・吉澤良太)
  • 8回裏から登板したヤクルト・田川=東京ドーム(撮影・大橋純人)
  • 2番手で登板したヤクルト・大下=東京ドーム(撮影・大橋純人)
  • 6回、三振に倒れベンチに戻るヤクルト・山田哲=東京ドーム(撮影・大橋純人)
  • 3番手で登板したヤクルト・秋吉=東京ドーム(撮影・大橋純人)
  • バレンティンのオープン戦アットバット
  • ヤクルト・3日のスタメン4日のスタメン
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. オレが4番弾!燕・バレ、OP戦3発&・545「しっくりくるスイング」